2021年5月24日月曜日

私の提案・・・論語の勉強の仕方と目的

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次   論語奮闘記 目次


  このブログを書いた目的

 なぜ私が論語を読もうと思い立ったのか、このブログで述べさせて頂きます.

 今まで多くの方から論語は読んでおいた方が良いぞ,とのアドバイスを頂いて来ました.それは人から直接言われたこともありました。また本やテレビ,ネットでそのような論説を読んだこともありました.
 そして,「論語」の本を何冊か買ってみました.論語の注釈本から,「現代に役立つ論語」あるいは,論語の名文を引いていろいろと解説したりそれを元に現代の諸問題について述べたりする本を読んでみました.
 
 このような方は多いかと思います.
 しかしそれで読んでみて何か身に付く様なことがありましたでしょうか.
 私の場合,まったくありませんでした.このような本を読んでみたら分かります.原文(白文の場合もあれば,訓点の施したものもある)また,書き下し文も載っていて,更に簡単な解説もある.
 このような本を読む場合、原文は読まず,書き下し文もさっと見る程度で,現代語訳を眺め,そして,解説を読む.これが私の今までの読み方.解説を読むと書いてある事は分かります.
 しかし,何と言うか,実になった感じがしない.
 調度例えて言えば,味のない肉を食べているような感じです.
 このように読んでみた方もいらっしゃるのではないでしょうか.そして私と同様な感想をお持ちの方も多いのではないかと思います.
 先日一念発起して論語を読んでみました.再々々々挑戦というところでしょうか。
 原文をきちんと読まなければならないのではないか,ということに気がつき実行してみました.しかし、原文をただ読むとなるとなかなか大変です。何か工夫が必要と思い、次のようなことを施してみました(クリック)

 このようにして、空欄を埋めることでしっかりと原著を読むことに努めました。このブログの中で私はその「しっかりと読む」奮闘を記していきたいと思っております。

 解釈や解説は一切載せていません。それは他に立派な本が沢山出版されていますし、インターネットでも容易に見つけることができます。そちらに譲りました。


 読書百遍、意、自づから通ず、というものでしょうか。

 このように繰り返し原文や書き下し文を読むと意味が自然に分かってくることに気がつきました。その上で解説書などを読むと頭に自然に入ってきます。なるほど、このように読むと良いのだな、と体得いたしました。


 今まで論語をこのやり方で読んでみました。するとあることに気づきました。論語は何のために書かれたのか、あるいは、昔から先人は何を目的にこれらの本を一生懸命読んできたのでしょうか。


 私が思うにそれは世に出るためです。

 知識を身につけ賢人となり身を立てるためです。時代は変わりましたが、これらの書物の効能は聊かも薄れてはいないと思います。今の時代、身を立てる、つまり立身出世のためには何をしたら良いのでしょうか。

 「立身出世」という言葉も時代がかって聞こえますが、どうしたらそれが果たせるのでしょうか。


 ある人は資格を取ること、と言います。

 ある人は何か役に立つセミナーのようなものを聞いて勉強することだと言います。

 資格と一言で言っても非常に難しい資格もありますし、また、あまり役に立たない資格もある。セミナーと言っても玉石混淆です。お金儲け目当てだけのものも多いものです。

 しかし、前向きな気持ちを持ち積極的に自分なりにいろいろ考えられて試みられるのは良いことであると思います。

 しかし、そこまで思うのであれば何故「論語」をお読みになろうとなさらないのですか。

 お金も時間もかからない最高の勉強だと思います。


 このようにして、しっかりと原著を読むことに努めてきましたし、これからも努めようと思います。今、勉強するにあたり「しっかりと読む」ことだけを心掛けました。ブログにもそれを反映させました。

 解釈や解説は一切載せていません。それは他に立派な本が沢山出版されていますし、インターネットでも容易に見つけることができます。そちらに譲りました。

 

 読書百遍、意、自づから通ず、というものでしょうか。このように繰り返し原文や書き下し文を読むと意味が自然に分かってくることに気がつきました。その上で解説書などを読むと頭に自然に入ってきます。なるほど、このように読むと良いのだな、と体得いたしました。


 読み方もいろいろあると思います。私ならこのように所々隠しておいて、少しずつ覚えながら読むのが一番抵抗なく進めると思い、このようなものを作りながら今まで五回程読みました。「論語をマスターした」とはとても言い難いですが、ぐっと身近に引き寄せられたと思います。少なくても「論語を読みました」と人様に公言できるところまでは来たかと思います。


 訓点のついた文章はあの世界一の漢和辞典「大漢和辞典」の著者、諸橋轍次の書いたものをそのまま切り張りしました。

 何やら学生時代の「試験対策」のような感じのものとなりました。論語を効率的に読むための試験対策、と自分では考えております。


 このブログをお読みいただき、「やってみよう」と思い立ち、とにかく論語を原文で完読され人生の糧にすることのお役に立つことができたらブログ主としては幸甚この上ないことです。


令和3年1月30日

橋本英樹



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 :これが小生のブログの大元の目次です
 もっと以前のブログ 獺祭録
 さらに前の前のブログ 考えるダイエット
 私の専門は骨粗鬆症です。どのうように診療しているかのケースレポートです。
 骨粗鬆症の治療は非常に幅があり、これが絶対正解で他は誤り、というわけではありません。
 当院の公式ホームページです。新しくしました。
 当院の開院以来からあるホームページ。時代を感じさせるものとなりました。
 AdobeGoLiveで作っています。
 今も使っています。
当院の以前のブログ 獺祭録(2014年4月から2018年9月)
 以前のブログです。目次を一覧表にしました。
 自分の書いたものを残すと言うことは本当に難しいものです。
現代英文訓読法 目次 (新渡戸稲造 武士道もここにあります)
 英語を簡単に読むことができるように工夫して実践してみました。
 漢文の訓読の発想を英語に取り入れてみました。
 英語の勉強の仕方とはどうあるべきか。会話重視で良いのか。
 それをいろいろと論じてみました。
 電子カルテについていろいろ考えてみました。
 小生自身は紙カルテを使用しております。
 高校時代に勉強した「新々英文解釈研究」を研究しています。
 現代英文訓読法と「やわらかな暗記」で 「新々英文解釈研究」をしっかり素早くマスターできるようなものを作りたいと思っています。
 英語革命を目指しています。
 個人情報とは何か。これが漏洩することは何を意味するのか。これを問います。
 個人情報とは「個人秘密情報」であり、これが漏洩することは「奴隷」になることを意味します。 
 橋本の著した本をPDFで販売。「医療の未来」は製本されていて、これを販売。
 他はPDFで販売しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿

河野太郎 霞ヶ関の官僚にFax禁止令 「民免れて、恥無し」

    伏見啓明整形外科公式ブログ 目次     霞ヶ関の官僚にFax禁止令。  前から思っていたが、河野って、実は馬鹿なのではないか。  組織を管理するにあたり、上の者は下の者の仕事の結果を管理すべきであって、 下の者の仕事の仕方に関して云々すべきではないと思っている。  ただ...